本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アスキボー
ウイスキーに目覚めた。
3月のこと。

法事で渡道の折、時間があったので、どこかへ行こうか、
と思ったのがことのはじまり。
子供の頃は繁く滞在したので、札幌市内はあらかた廻っている。
観光案内所で、北海道遺産、なるパンフレットを手に取り、

ーそういえば、余市へは行ったことがなかったな。
ということをふと思う。

それはそうだ。
余市といえば、ニッカウヰスキーの蒸留所。
子供には関係のないお話である。

ヴェルモットにアブサン、ワインにシャンパン、ウイスキー。
洋酒の言葉の響きには惹かれつつ、
ウイスキーといえば、若気の至りでその昔、
ジャックダニエルをあおって泥酔した記憶。
以来、何となく敬遠して今に至っていたのだ。

しかし・・・。
右目でウイスキーを敬遠しながら、左目では
ウイスキーに憧憬を覚えていたとも言える。

ウイスキーの語源はケルト語。
ケルトと聞けば、今でも耳の感度が上昇する。
あ、そういえば、いつかダブリンの街中で見たあれは確か
蒸留所。
銅で出来たたまねぎ形のスチルポットが目に浮かぶ。

昭和初期に建てられた施設群が今なお残り、
石積みの壁に赤い屋根が心を惹く。
小樽からバスを乗り継ぐこと30分。
まだ雪の残る余市に‘そこ’はあった。

e0132381_23314596.jpg


折角だから、と買い求めた蒸留所限定の樽出原酒。

これが素晴らしかった。

背中に火を吹き込まれるような。
舌触りは滑らかで、刺激的で、濃厚。
それをほんの少量、なめるように含む。
飲み終わったグラスに水を注ぐと、樽の香りが拡がる。

帰宅して調べ始めたウイスキーについて。

通常、ウイスキーは瓶詰めの際に樽同士を掛け合わせたり、
加水調整されたりするが、樽出原酒(カスクストレングス)とは
加水調整せず、唯一の樽から瓶詰めされたウイスキーのこと。
アルコール度数も高い。

シングルモルト:一つの蒸留所のモルトウイスキーのみによるウイスキー
ヴァッテド・モルト:複数の蒸留所のモルトウイスキーをヴァッティングしたもの。
ブレンデッド・ウイスキー:モルトウイスキーにグレンウイスキー(モルト以外の
             穀物を含むウイスキー)をブレンドしたウイスキー。

グレンドロナック、オーヘントッシャン、クライゲラヒ、
アバフェルディ、ノッカンドゥ・・・。
スコットランドのシングルモルトの名前はどれもケルト的だ。
言葉の響きに陶然とする。

森茉莉式に言えば、私はウイスキーを利き酒でもするように、
あるいは気分を飲んでいるのであって、
到底、ウイスキーを飲んでいる、とは言えないかもしれない。

でも。
このごろウイスキーに夢中。

e0132381_23342525.jpg

[PR]
by fracoco-Y | 2009-04-23 23:33
感動体験。 >>