本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
My Architect 建築家、ルイス・カーン
ルイス・カーンという建築家がいた。

今から30年も前に、インドからの帰途、NYの地下鉄駅で行き倒れて亡くなった。
遺されたのは、数々の美術館や研究所、「沈黙と光」という言葉、幾許かの負債。

そして3つの「家族」。

カーンの子息は当時11歳。長じて、父を探す旅に出、一篇の映画を撮った。

ルイス・カーンの息子の撮った映画を渋谷で上映していると聞いて、
見に出掛けた。

ナサニエル・カーンは、父と暮らしたことがない。
週に一度、父は家を訪れ、夜には母が車で送っていったという。
思い出は、父と二人で「舟の本」を作ったこと。

父を知るために、ナサニエルは縁の人たちを訪ね歩き、言葉をかわす。
母の違う姉たち。カーンの死の第一発見者。カーンに敬意を表する建築家。
ユダヤ教の祭司である父の親戚。設計事務所の元所員。

そうして出来たのが、映画「マイ・アーキテクト」。

ある人曰く「カーンはユダヤ人だったから、建築を神の創造物として捉えていた。」
だから、決して妥協できなかったのだ、と。

晩年、カーンはバングラディシュに国会議事堂を設計した。
担当の所員はバングラディシュ人で、ナサニエルに向かって
「彼は世界で最も貧しい国に、こんなにも立派な建築を遺してくれた。」と
声を詰まらせた。

そして、
「ルイス・カーンは偉きな人物だったが故に、身内にだけ愛情を注ぐ
生き方はできなかったのだ。愛情がなかったのではなく、
建築を以て万人に愛情を与えたのだ、」と。

水辺で威容を誇る国会議事堂。
いつかダッカへ行ってみたいと思う。

e0132381_1911134.jpg
[PR]
by fracoco-Y | 2006-03-11 03:59 | architecture
<< E・G・アスプルンド展 東京ステーションホテル >>