本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ソフィ・カル
ソフィ・カルの作品に、最初に出会ったのは、
世田谷美術館でだった。

1999年のことで、フランスの若手美術作家を
特集した展覧会に、ソフィ・カルの作品があった。
「大いなる眠り」という題名で、写真が何葉か並んでいて、
同じ部屋、同じベッドに、写真ごとに、異なる人が眠っている。

部屋は作家自身の部屋で、ソフィ・カルは、
いろいろな人に、自分の部屋へ来て
眠ってくれるようにと頼んだのだった。

変なことを思いつく人だ。というのが最初の印象だった。
でも、ソフィ・カルという名前は、その作品のインパクトと一緒に、
私の脳裏にしっかり、刻み込まれた。

その次の年か、あるいは2年後、私は図書館で、
ソフィ・カルの「本当の話」という本を、見つけた。
借りて読んでみると、それはこんな話だった。

あるとき、パリで、一人の男性と知り合ったソフィは、
会話の中で、その人が近々ヴェネチアへ旅立つことを知り、
その人を、ヴェネチアまで追跡することを思いつく。

何時の列車に乗るかを調べ、同じ列車のチケットを買い、
ソフィは男性をつけてヴェネチアへとやってくる。
ヴェネチアでは、片端からホテルに問い合わせて、
男性がどこへ投宿するかを突き止め、
男性が街を歩けばその後をソフィが、
すこし距離をおいてつけていく、という趣向だ。
ところが、ヴェネチアの街の構造は特殊だった。
一貫して、男性をつけていたソフィだったが、あるポイントで、
一転、今まで男性を追っていたソフィは、あべこべに、
男性から追われる身となる。


ますます、へんな人だ、と思った。

「本当の話」と前後して、渋谷の映画館で
アート・ドキュメンタリー映画祭をやっていて、
そこにもソフィの作品があった。

ダブル・ブラインド。
(原題:no sex last night)

カリフォルニアの大学で講師の依頼を受けたソフィは、
恋人と、車でアメリカ横断することを思い立つ。
オンボロの車はしょっちゅう故障し、
そのつど修理工場へ駆け込みながら、街を、モーテルを
渡り歩く二人。
ソフィと恋人は、おのおのビデオカメラを回していて、
お互いをインタビューしたり、自分のカメラに向かって
独白したり。

そして、ラスベガスにて、ソフィはついに恋人をその気にさせて、
結婚へと持ち込む。
やがて車はカリフォルニア州へと入って行き、
最終目的地へ到達するのだが・・・。


・・これは、おかしくて、奇妙で、やがてすこし哀しい映画だ。

四度目の邂逅は、銀座のギャラリーでだった。
ある日、目抜き通りに面したモダンなギャラリーの
前を通り掛かったら、ソフィ・カルとある。
今度の作品は、ソフィ自身がエッフェル塔の上で眠っていて、
そこへ人々がかわるがわるに立ち寄り、
彼女を眠らせないように、話をするのだった。
あくびが出たら次の人と交替。
そんな趣向だった。

先週、ふと思い立ってインターネットで、
ソフィ・カルと検索してみると、ダブル・ゲームという本/作品
に行き当たった。
さっそく、取り寄せてみた。それが、今朝到着したのだった。

まず、月、火、水、木・・・と曜日によって、テーマカラーを決め、
その日はその色の食物だけを口にする。
月=オレンジ、火=赤、水=白、木=緑、といった具合だ。
ダブル・ゲーム。

・・・まだ読み始めたばかりだが、この本にも
ソフィの世界が満ちているらしい。

e0132381_1051456.jpg

[PR]
by fracoco-Y | 2006-03-26 23:37 | art
<< ちょっとピンぼけ セーヌ左岸の恋 >>