本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コネマラの薄明
8月に、友人と新宿のバーで飲んでいたら、
メニューに、「アイルランド、コネマラ地方のウィスキー」というのがあった。

新宿でコネマラの名前を聞くとはよもや思わず、私は感慨に襲われた。

コネマラ地方はアイルランドの首都ダブリンから列車に乗って
西へ3時間ばかり。

第三の都市ゴールウェイからバスに乗り継いで、
さらに1時間ほど行ったところにある。
ケルトの遺構が少し。あとは風よけの石垣とまばらな牧草地が広がる、
点景に羊のある、そんな土地だ。

曇りがちで、時折り細かな雨が降りかかり、
かと思うとにわかに晴れ間が広がり、
筆で刷いたような蒼い空に覆われる。
私は、ただ借りた自転車に乗って辺りを一周し、
B&Bの窓から外を眺め、朝食にはライ麦パンを食べ、
スクランブル・エッグとトマトとスモーク・サーモンを食べ、

ただぼ~っと、他には何もしなかったところである。

開高健が、釣りにかけて
「アイルランドにコネマラというところがあると聞いた。」と綴り、

彼の葬儀で弔辞を読んだ司馬遼太郎は、
直ぐ手前のゴールウェイまでは行ったことが
著書「愛蘭土紀行」から窺われるが、
その後コネマラに立ち寄ったことがあったかどうかは不明の、

そんな土地である。


でも、もしあなたがアイルランドに行くとして、
どこへ行くのがいいか、と尋ねられたら、
e0132381_19494646.jpg
私はぜひコネマラへ、と勧めるだろう。
[PR]
by fracoco-Y | 2006-10-02 00:53 | journey
<< ヴァヴァン通りのアパルトマン 肉体の悪魔 >>