本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今井兼次展
二日続けて建築展へ。
多摩美術大学の付属美術館にて、今井兼次展。

早稲田大学や多摩美術大学で教鞭を執った
プロフェッサー・アーキテクトであり、
ガウディやルドルフ・シュタイナー(教育でも知られる)の建築を
いち早く日本に紹介した人物でもあった。

大学の卒業設計から展示は始まる。

建築展を見る度に思うのは、(図面上手いなぁ)ということ。

今井兼次の卒業設計は、アール・デコの影響を感じさせるものだった。

名前は知っているけど、何を設計したのかは、実はあまり知らない。
私にとって、今井兼次とはそういう建築家だった。

展示を見ると、グンナール・アスプルンドのような、
北欧の建築家の影響を受けたらしい。

実現には至らなかった、広島の商工会議所の建築案を見て。
48枚の図面は、すぐにでも工事にかかれそうなほど。
惜しくも、何らかの理由で計画が頓挫したのだろう。
実現したものももちろんあって、早稲田大学図書館や、
浅草ー上野の地下鉄駅。
教職にあった早稲田大学からは、派遣されて欧州を熱心に視察している。
パリでは40代のコルビュジェに会い、インタビューを試み。
また、東京での地下鉄の設計がすでに決まっていたものか、
ベルリンでは、地下鉄を詳細に見て回り、三冊のスケッチを残している。

どちらかというと遅咲きの建築家で、
広島の日本26聖人殉教記念館などは、70歳を越えての作品。
作風は同時代のモダニズムの流れとは一線を画す。

92歳の長寿。
長生きもまた、才能のうち、と
[PR]
by fracoco-Y | 2007-10-15 12:03 | architecture
<< NHKアンコール「ロシア 建築... キューバ! >>