本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ひねもすのたり。
家から15分ほど歩いたところに森林公園がある。
湿地や芝生があって、散策によい。

陽気がよいので、昼ご飯とお茶セットを持って
母や姉たちと外に出る。
隣接の公営墓地は、彼岸ゆえ、墓参の人々の姿が多く見られ、
公園には、小さな子をつれた家族の姿がいくつも。
ダックスフントやチワワを散歩させる人をちらほら見かけた。

芝生の上で、野点。
お茶請けは、姉の手製の桜餅。

そのあと、とろとろ午睡してしまう。
姉と姪と母とはフリスビーに興じていた。

同じくらいの月齢と思しき乳飲み子をつれた
欧米人のパパ同士。
木の枝を熊手のように引きずる男の子。
その男の子に興味津々なシーズー犬。

案外日差しが強くて、日焼けしてしまった。

e0132381_20484260.jpg

[PR]
by fracoco-Y | 2008-03-23 20:56 | diary
<< 犬が星見た 須賀敦子について >>