本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
武田百合子の世界
昨日、図書館で武田百合子を3冊借りる。
「遊覧日記」
「ことばの食卓」
「日々雑記」
すいすい読んでしまって、惜しくなる。
一昨日、犬が星見た、を読んだから、
あと、まだ私が読んでいない武田百合子は
「富士日記」くらい、なのだ。
う~、もっと読みたい。

娘と一緒に浅草花やしきに行ったり、
群馬のヘビセンターに行ったり(ちなみにそのヘビセンターは
各種のヘビが見られるだけでなく、ヘビのフルコースが食べられたりする。)
富士の山荘に出かけたり。
(山荘ではトイレが工事中で、余儀なく庭で用を足したら、
一部始終を見ていたネコの玉が、やってきて土をかけてくれた。)
昔のキャラメルや牛乳の思い出。

何気ない日常なのだけど。

武田百合子の眼差しを通してみると、
ガード下の500円のスキヤキも
オムレツ専門店のイマイチなオムレツも、
特別なものに思えてくる。

武田百合子+娘、花+三毛ネコの玉。
二人と一匹の生活。
母と娘のやりとりもいい。

物書きの母と写真家の娘。
共同の仕事で佐渡取材旅行。

何だかな、いいなぁ、って思う。
[PR]
by fracoco-Y | 2008-03-30 22:18
<< 6年1組、同窓会 犬が星見た >>