本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お伊勢まいり 五
これは式年遷宮のためである。

伊勢神宮は世にも珍しいことに、二十年に一度、正殿から宝物に至るまでそっくり新しく造り替えるならわしがあるのだ。
隣の空地はそのための敷地である。

二十年毎に建物を一新する理由は定かではないが、
建築や伝統技術の継承のためであるとする説や、
清浄さを旨とする神道の性格からであるとする説、
または、茅葺き屋根や、礎石を用いず柱をじかに建てる建築様式から、長年の使用に耐えないためとする説などがある。

さて、神宮に詣でて感じたのは、
金気が少ない、
ということであった。
屋根や扉等には飾り金物が用いられているものの、
神社にはつきものの、あのじゃらじゃらした鈴もない。

ほとんどは白木で造られていて、簡素で、また力強い。

ものは全然違うが、何故か私はパルテノン神殿を連想した。
[PR]
by fracoco-Y | 2008-11-25 19:47 | journey
<< お伊勢まいり 六 お伊勢まいり 四 >>