本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大統領就任式
見ちゃいました。夜中に起き出して。

オバマ新大統領の就任式。

これまで米国大統領の就任式を視聴したことなどなかったので、
興味を示す自分自身を見出だしたのがやや驚き。

何でだろう。
初のアフリカ系大統領だから?
演説に秀でているから?
若々しくて、エネルギーに満ちていて、
何かを成し遂げそうに見えるから?

一言で言えば、就任式は厳粛な中にもカジュアルでリラックスした雰囲気を感じさせるものだった。
彼の国のお国柄?





ハイライトの就任演説。
演説は、きわめて大づかみに言えば、市民一人ひとりの
「自分さえよければ病」からの脱却を促すもののように感じられた。

時節が厳しければ厳しいだけ、人は生存本能から「自分さえよければ」と内なる殻に閉じこもってしまう。

けれど、それでは多分世界は救われず、時代を切り開くこともできない。

個人的にはアメリカが唯一の超大国であり続けることは難しいし、そもそもその必要があるのかどうかもわからないが、
自分さえよければ病の危うさはわかる気がする。

さすがに緊張した面持ちの新大統領が、
演説を了えてホッとしたような表情を浮かべたのが印象的だった。
[PR]
by fracoco-Y | 2009-01-21 22:20 | tv
<< 悲恋のその先。 白菜のハチマキ。 >>