本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
感動体験。
…と言うといかにも手垢のついた言い回しだが、
久しぶりで食で感動。
ところは札幌ススキノ、薄野の、些か古びた小学校めいた建物の、市場向かいの一杯飲み屋(これは尊敬を込めた呼び方。)。
五人坐ればいっぱいの、小さな店。

そこでなんと、焼きたての牡蠣を一ツ105円で賞味出来るのである。(持ち帰りもOK)

窓の外は吹雪。
メニューはほかに漬物、北あかりの塩辛バター載せなどなど。
ビールの小グラスが一杯250円。
食べ過ぎに注意のサイン。さもありなん。




さっと座り、焼き牡蠣三つにビール一杯、漬物を注文。
箸を取って、ビールを干し、牡蠣殻から露を啜り、牡蠣を殻から外し、口に含み、そして箸を置く。

その間、僅か15分の出来事。

何て言うか、粋じゃないの。
こういうところではくれぐれも長尻は禁物。
帰り道も口許が思わず緩む体験なので、あった。
[PR]
by fracoco-Y | 2009-03-07 20:29 | journey
<< アスキボー 柔らかい肌 >>