本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
時空飛行
この間、渋谷駅前の交差点を渡ったところで、
センター街から大音量のB'z。

‘流れてゆく遠い街の灯が、知らん顔で美しい…’

私が、高校生の頃に流行った歌。

その頃私は高校生で、ショートカットで、ミニスカートなんか履いていたのだ。

ーはやくピアスをあけたくて、うずうずしていて。

ー夏に、友達のBちゃんと、浜名湖までB'zのライブに行った。

ーレポート用紙で友達と手紙をやり取りした。

ー横浜駅から河合塾に向かう途中の、
ステラおばさんのクッキーの匂いがひどく魅惑的だった。

ー遠い学校の子に一目惚れした。

そういえば、めっきり一目惚れというものをしなくなった。
一種の老化現象なのか。

風景が、1993年のそれに見えた。
[PR]
by fracoco-Y | 2008-09-30 23:52 | diary
ほーびに抱いてあげます
先日、図書館で
何かおもしろい本はないかなぁ、
と物色していて。

たまたま手に取った鴨居羊子の本。

ーあ、これは。
森茉莉、武田百合子の文章に通じる匂いを感じて、
私はうれしくなった。
率直で、歯に衣着せない物言い。
天衣無縫、ワガママ、かつ
細やかな眼差し。

鋭い言語感覚はどこからくるのだろう?
と思ったら、
もと新聞記者だった。のちに下着デザイナーに転身。

すばらしい色彩の、ヘタウマとも言える絵を描くし、
ノラ犬、ノラネコと話ができる。

彼女が子供だったころ、
ねずみ捕りにかかったねずみが、
野菜くずなど行儀よく両の手で持って食べるところを見ると
とても殺すにしのびず、
野原へ連れて行って放してやったら、
ネズミは降って湧いたあまりの幸福をにわかには信じかねて
しばらくその場でぼーっとしていた、
など
なぜかおもしろせつない話の数々。

明治生まれのすぐれた気性の母上が、
「今度成績がよかったら、お母さんがほーびに抱いてあげます。」
と言ったエピソードにもぬくもりがあり。
[PR]
by fracoco-Y | 2008-09-29 23:46 | book