本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アスキボー
ウイスキーに目覚めた。
3月のこと。

法事で渡道の折、時間があったので、どこかへ行こうか、
と思ったのがことのはじまり。
子供の頃は繁く滞在したので、札幌市内はあらかた廻っている。
観光案内所で、北海道遺産、なるパンフレットを手に取り、

ーそういえば、余市へは行ったことがなかったな。
ということをふと思う。

それはそうだ。
余市といえば、ニッカウヰスキーの蒸留所。
子供には関係のないお話である。

ヴェルモットにアブサン、ワインにシャンパン、ウイスキー。
洋酒の言葉の響きには惹かれつつ、
ウイスキーといえば、若気の至りでその昔、
ジャックダニエルをあおって泥酔した記憶。
以来、何となく敬遠して今に至っていたのだ。

しかし・・・。
右目でウイスキーを敬遠しながら、左目では
ウイスキーに憧憬を覚えていたとも言える。

ウイスキーの語源はケルト語。
ケルトと聞けば、今でも耳の感度が上昇する。
あ、そういえば、いつかダブリンの街中で見たあれは確か
蒸留所。
銅で出来たたまねぎ形のスチルポットが目に浮かぶ。

昭和初期に建てられた施設群が今なお残り、
石積みの壁に赤い屋根が心を惹く。
小樽からバスを乗り継ぐこと30分。
まだ雪の残る余市に‘そこ’はあった。

e0132381_23314596.jpg


折角だから、と買い求めた蒸留所限定の樽出原酒。

これが素晴らしかった。

背中に火を吹き込まれるような。
舌触りは滑らかで、刺激的で、濃厚。
それをほんの少量、なめるように含む。
飲み終わったグラスに水を注ぐと、樽の香りが拡がる。

帰宅して調べ始めたウイスキーについて。

通常、ウイスキーは瓶詰めの際に樽同士を掛け合わせたり、
加水調整されたりするが、樽出原酒(カスクストレングス)とは
加水調整せず、唯一の樽から瓶詰めされたウイスキーのこと。
アルコール度数も高い。

シングルモルト:一つの蒸留所のモルトウイスキーのみによるウイスキー
ヴァッテド・モルト:複数の蒸留所のモルトウイスキーをヴァッティングしたもの。
ブレンデッド・ウイスキー:モルトウイスキーにグレンウイスキー(モルト以外の
             穀物を含むウイスキー)をブレンドしたウイスキー。

グレンドロナック、オーヘントッシャン、クライゲラヒ、
アバフェルディ、ノッカンドゥ・・・。
スコットランドのシングルモルトの名前はどれもケルト的だ。
言葉の響きに陶然とする。

森茉莉式に言えば、私はウイスキーを利き酒でもするように、
あるいは気分を飲んでいるのであって、
到底、ウイスキーを飲んでいる、とは言えないかもしれない。

でも。
このごろウイスキーに夢中。

e0132381_23342525.jpg

[PR]
# by fracoco-Y | 2009-04-23 23:33
感動体験。
…と言うといかにも手垢のついた言い回しだが、
久しぶりで食で感動。
ところは札幌ススキノ、薄野の、些か古びた小学校めいた建物の、市場向かいの一杯飲み屋(これは尊敬を込めた呼び方。)。
五人坐ればいっぱいの、小さな店。

そこでなんと、焼きたての牡蠣を一ツ105円で賞味出来るのである。(持ち帰りもOK)

窓の外は吹雪。
メニューはほかに漬物、北あかりの塩辛バター載せなどなど。
ビールの小グラスが一杯250円。
食べ過ぎに注意のサイン。さもありなん。

more
[PR]
# by fracoco-Y | 2009-03-07 20:29 | journey
柔らかい肌
昨日、久しぶりで飛行機に乗った。

午後の便だからと安心していたら、前日の夜更かしが祟って、
ひどく朝寝坊してしまい、空港内を走ることを余儀なくされた。

さて、そうは言っても心浮き立つのが空港であり、飛行機である。

飛行機と、クールで美しいスチュワーデス(敢えて客室乗務員ではなくこう呼びたい)。
パリの空港にリスボンの街。
今ではごく稀になった飛行機から地上に降り立つタラップ。

思い浮かべる一本の映画。
情景からすでに心惹かれるこの映画は
フランソワ・トリュフォーの「柔らかい肌」。

more
[PR]
# by fracoco-Y | 2009-03-07 07:52 | cinema
悲恋のその先。
悲恋のその先について。

むかしむかし、幼い子供だった頃、私は傘に激しく執着する子であった。
母が隠しておいても、家中の傘を探し出しては開いていたそうだ。
イタリア製の白い日傘を買い求めたのは3年前。

2年前には、パリの街角ですてきな傘屋を見かけた。
それは、映画「シェルブールの雨傘」に出てくるような、
小粋な傘の店であった。

さて。
久々に映画を見た。
「シェルブールの雨傘」そして「ロシュフォールの恋人たち」
シェルブールの雨傘、公開45周年を記念するデジタル・リマスターバージョンの上映。

シェルブールの雨傘、あらすじはずいぶんと有名だから、ご存知の方も多いだろう。
フランス北西部の町、シェルブールでつつましくも幸せな恋人同士であった
若いジュヌヴィエーヴとギイ。
結婚を誓い合う二人に、ジュヌヴィエーヴの母はまだ若すぎると反対。
それにもめげない二人だったが、ある日ギイに召集令状が届き・・・・・。

ギイの出発後、彼の子を宿したことに気がつくジュヌヴエーヴ。
娘の身を案じ、懐妊を祝福しながらも心配顔の母。
やがて、妊娠を承知の上で、彼女にプロポーズする宝石商、カサール。

私は、この映画を少しく誤解していたようだ。
愛し合いつつ、引き裂かれる恋人たち。
不本意な結婚。悲恋。生涯忘れ得ぬ恋。
愛のない、味気ない生活。
そういう映画だと思っていたのだ、けれど。

少し違っていた。

ギイの向こう2年間の不在。
不在の重みに押しつぶされそうになるジュヌヴィエーヴ。
身ごもっていることを百も承知で、すべてを受け入れ、
彼女を愛し、生まれてくる子をともに育てて行こうと語りかける
カサールへの信頼の芽生え。

彼女は自分の意思でカサールに嫁いで行くのだ。

一方で、除隊後、シェルブールに戻り、彼女の結婚を知るギイ。
自暴自棄になる彼をたしなめ、叱る幼馴染、マドレーヌ。
マドレーヌは、ギイがジュヌヴィエーヴと恋仲であるころから
彼を密かに思っていたが、おとなしい性格ゆえ、気持ちを打ち明けることは
なかったのだった。

しかし、マドレーヌはおとなしいだけの女性ではなかった。
荒れた生活を送るギイに、そういうあなたは嫌いだと
はっきりと告げる。

マドレーヌの支えで、しだいに自分を取り戻すギイ。
お金を貯めて、店を買い、シェルブールでガソリンスタンドを開く。
マドレーヌを人生に必要な人と感じ、所帯を持ち、
マドレーヌとの間に男の子を授かる。

数年後、クリスマス目前の雪の降りしきる日、ガソリンスタンドに
一台の車が横付けされる。
降り立ったのは身なりのよいマダム。
その人こそ、カサールと結婚したあの日、シェルブールを去った
ジュヌヴィエーヴその人だったのだ。

マドレーヌは息子を連れて買い物に出かけて不在。
ギイとジュヌヴィエーヴはスタンドの事務所でしばし語り合う。

けれど、それは涙涙の再会ではなかった。
愛惜と、わだかまりと、今ある幸せと、
二人の胸に去来したのはさまざまな思いであったことだろう。

悲恋は、悲恋。

でも、悲恋のその先=不幸ではないのだ。たぶん。
[PR]
# by fracoco-y | 2009-02-22 23:41 | cinema
大統領就任式
見ちゃいました。夜中に起き出して。

オバマ新大統領の就任式。

これまで米国大統領の就任式を視聴したことなどなかったので、
興味を示す自分自身を見出だしたのがやや驚き。

何でだろう。
初のアフリカ系大統領だから?
演説に秀でているから?
若々しくて、エネルギーに満ちていて、
何かを成し遂げそうに見えるから?

一言で言えば、就任式は厳粛な中にもカジュアルでリラックスした雰囲気を感じさせるものだった。
彼の国のお国柄?

more
[PR]
# by fracoco-Y | 2009-01-21 22:20 | tv
白菜のハチマキ。
もう12日。
三が日も松の内も鏡開きも過ぎ去ってしまいましたが
本年もよろしくお願い申し上げます。

世界同時不況と言われる中の年末年始。
重いニュースの多い今日この頃だけれど、
先日こんな風景を目撃。

e0132381_21244983.jpg

白菜のハチマキ姿?

収穫まで、葉が広がらないようにするためかとも思うが、
何となく、白菜が「やったるでー」と気焔を上げているようで、
ようし、わたしもがんばらなきゃ。

などと思う。
[PR]
# by fracoco-y | 2009-01-12 21:29 | diary