本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:寺田寅彦 ( 1 ) タグの人気記事
珈琲哲学序説
図書館のほど近くに、旨いコーヒーを飲ませるP・・・という喫茶店がある。
自家製のケーキの数々も、見た目も美しく、美味なのである。

ふたたび、寺田寅彦について。
随筆集の中に「珈琲哲学序説」というのがあって、
珈琲好きの私には面白かった。

寺田は三十二の歳に、ベルリンに留学している。
ベルリンの下宿の女将は陸軍士官の未亡人だとかで、
ひどく威張ったばあさんであったのが、
コーヒーは、よいのを飲ませてくれたそうである。

ヨーロッパの朝食は、軽い。
そのため、午餐はボリュームがあるので、相当多量の昼食を腹へ収めた
あとでは、必然的に重い眠気が襲来する。

四時から再び始まる講義までの二、三時間を下宿に帰ろうとすれば、
そのうちの大半を交通に費やすことになるので、
著者は、いろいろの美術館を丹念に見物したり、
フリードリヒ街やライプツィヒ街のウィンドウを覗き込んで、
ベルリンの銀ブラをしてみたりして、それでも潰し切れない時間を
カフェーやコンディトライの大理石のテーブルの前に過ごしながら、
新聞をひろげて「ミット」や「オーネ」のコーヒーをちびちびなめながら、
淡い郷愁を瞞着するのが常習になったという。

帰朝してからは、銀座の風月へ行ってコーヒーをすするのが習慣になった。
当時は、まだコーヒーらしいコーヒーを飲ませる家が少なく、
店によると、よく考えないことにはコーヒーだか、紅茶だかわからないシロモノを
飲まされ、あるいはひょっとすると、汁粉のような味のするものを
飲まされることさえあったそうだ。

その頃の給仕人が、和服に角帯姿というのもおもしろい。

図書館へ行った帰りにP・・・へ行って、コーヒーとケーキをあつらえた。

出されたものをみて、何か変だな、と思うと、コーヒーに添えられているのが
ミルクではなくガムシロップである。

何故だか笑いだしたくなり、店の人を呼んでガムシロップをミルクに
替えてもらうかわりに、そのガムシロップを鞄にしのばせたので、あった。
[PR]
by fracoco-Y | 2007-04-29 21:32 | tea&coffee