本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:映画 ( 1 ) タグの人気記事
おとうと
映画監督、市川崑が亡くなったとのニュースを見た。

市川崑といえば、幸田文原作の「おとうと」。
ー私の中では。
その昔、彼の作品とは知らずに、テレビで見た。

結核に倒れた弟と、弟を看病する姉の姿。
病床の弟と、彼に付き添う姉とが
紐で手を繋いで眠るシーンに
小学生の私はなぜか
(がーん)
と衝撃を受けた。

その後、原作を読んだけれど、
原作も、映画も、余韻の残るものだった。

高名な作家の父、母亡き後、嫁いできた継母。
継母は、後添えのコンプレックスと、リウマチの持病とで
なかなか家族に心を開くことが出来ず、信仰の世界に閉じこもっている。
父は、家庭に正面から向き合おうとしない。

家庭の温かさに飢えている多感な弟、碧郎。
姉のげんは、実際家らしく、そうしたやりづらさをやりすごしながら
日々を送っているが、
碧郎は寂しさから、やがて荒れた生活を送るようになり、
結核を患ってしまう。
げんは、自分の婚期を逸するのも承知の上で、弟の看病に
専心する・・・。

弟の要望で、人目も構わず高島田に髷を結い、病床に赴く姉。
鍋焼きを食べたがる弟ーしかし病篤く、熱いうどんをすするなどは
とてもできそうもない彼のために、それと気づかれないように、うどんを
一口大の長さに切っておいてやる姉。
しかし、哀しいかな、家庭の団欒から長らく遠ざかっていて、
病人の一人でする食事のわびしさまでは思い至れない姉。
姉さんもおあがりよ、と誘われて、戸惑ってしまう。

病状がいよいよいけなくなって、
やがて、昏睡状態に陥る弟の枕元で、
「・・・碧郎さん、碧郎さん!」と
涙に暮れる継母。


誰が悪い、というわけではなく
どうしてかすれ違ってしまう家族の哀しみを
感じたりした。

さて、市川崑は「東京オリンピック」を映画に撮ったのだそうな。
オリンピック映画、と聞いて連想するのは、ドイツの女性映画監督、
レニ・リーフェンシュタールのことだった。

ー見たい。
[PR]
by fracoco-Y | 2008-02-13 23:48 | cinema