本、建築、ときどき旅。
by fracoco-Y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:画家 ( 1 ) タグの人気記事
ニコラ・ド・スタール:「Le Concert」
赤い背景に、グランドピアノとコントラバス。
これから、ジャム・セッションだろうか。
・・それともセッションが今終わったところだろうか。

数年前、TV「美の巨人たち」でニコラ・ド・スタールの絵を見た。
「Le Concert」という作品で、画家の遺作だということだった。

スタールはこの作品を未完で遺し、世を去ったという。
なるほど、言われてみれば画面にキャンバスが素地のまま
残されている部分がある。

しかし、あえて残したと言われたらそんな気もするし、
未完の作品と言う感触は少ない。

ニコラ・ド・スタールについて知ったのはそれが初めてだった。
抽象とか、具象と言う切り分けに染まないような絵だな、というのが
第一印象だった。ピアノもベースも、見たままを写したという感じではないが、
それでいて、ぱっと見てそれと気がつく。
それから赤い背景の残像が目に残り、実物を見たい、という思いに駆られた

実物を見る機会は思いがけず、早くにやってきた。
半年後、私はパリに旅し、たまたま立ち寄ったポンピドゥー・センターで
「ニコラ・ド・スタール展」が開催されているのを知って、狂喜した。

ニコラ・ド・スタールは1914年、ロシアのサンクトペテルブルクに生まれた。
ロシア革命で家族とともに国を去り、ポーランドへ移住。
しかし、やがて父母に相次いで死に別れ、姉妹と彼とは
ブリュッセルの富裕な実業家に引き取られて育つ。

ブリュッセルの美術学校を経て、1936~37年にはモロッコ旅行
(作風に影響を与えたという。)、最初の妻、ジャニーヌとの出会い、
子供の誕生、貧窮の生活、そしてジャニーヌの死。
ジャニーヌ亡き後、再婚。3人の子供に恵まれ、
その後、初の個展の開催(アメリカにて)。成功裡に終わった個展に続き、
有名な画商との契約。

しかし彼は54年、パリに家族を残すと、一人南仏へと向かう。
南仏のアトリエで、それまで以上に旺盛に創作していたが、
1955年3月16日、アトリエから身を投げて死んだ。41歳だった。

若くして死を選ぶ画家、ミュージシャン、作家の作品は
きっとどこかに、抑鬱された気分、悲観的な感覚、
破滅願望の表れ、があるのだろう、と思っていた。

この頃ではすこし違うふうに感じるようになった。
表現するにはエネルギーが必要だ。

作品の中にそういう気分を見出すのは、見る方の先入観が
少なからず入っている。
彼ら自身は自分と対峙し、作品にエネルギーを注ぎ込んでいたはずで、
最終的に死の方へ向かっていったとしても、
創作の間は必ずしも死に捉われていたとは言えないだろう。

「Le Concert」の目に焼きつく赤を思い浮かべながら、
そんなことを考える。

e0132381_0551180.jpg

(画像:「Le Concert」スタール展カタログより)
[PR]
by fracoco-Y | 2006-03-16 00:05 | art